<< J-POPナイト!! | main |
祝・八段!
0

    世間はクリスマスですが、小学校から大学まで、
    実は剣道部でした(関係ないけどな)。

    あ、今回は剣道ネタ、終始マニアックな話です。笑
     

    ずっと剣道やってましたが、
    一番稽古したのは高校の時やと思います。
    個人戦で東京都ベスト32が最終やったので、
    まぁそんなに大したことはありません(^_^;)


    高校を卒業して3年目、
    つまり大学3年生の時に高校の同期に誘ってもらって、
    高校の剣道部合宿に参加したのですよ。
    山中湖。

    現役の時はそらもう毎年必死でしたが、
    OBとして参加する合宿は気楽で楽しいわけです。笑
    先生方とも一緒に飲んでもらえたりして(*´艸`*)
     

    その時に剣道部のコーチにいらして頂いてた斎藤栄昭先生が、
    なんと49歳の若さで8段に合格!
    竹早高校から学芸大出身、
    今でも大学対抗戦とかでは副将か大将を務めるツワモノです。
    普段はめっちゃ優しい、超面白い人なんですけどね。
     

    あのね、剣道やってない方はもちろんわかるはずもないことですが、
    8段て、8段て、すさまじく恐ろしいことなのですよ。

    実質日本最高段位。

    驚異の合格率0.5%は「日本で最も難しい試験」と言われています。

    7段の人が1000人受けて合格5人。
    もはや人ではありませんよこのクラスになると。笑
    7段受かって10年の修養期間を経て、
    初めて8段の審査を受けることが許されるのです。

    10年て。笑
     

    当時も稽古つけて頂いたことあるのですが、
    もうね、下手くそなりに、

    構えた時にわかります。

    なーんもできん。笑
    動くことすらできません。

    ほんまに、そんなことってあるんよね。
    なんだこの人、と思ったもんね。
    思い出して笑えます。
    すごすぎて。
     

    そして当時稽古つけて頂いてた学年の後輩たち数人
    (塾のスーパー経営者5段、弁護士3段など)、
    顧問の先生、今もバリバリ剣道やってる6段の同期、
    そして「剣道日本」という、
    「ジャズライフ」みたいなジャズの雑誌と同じくらいニッチなww
    雑誌の編集長4段(部の先輩です)、
    そのあたりでささやかに昇段祝賀会を国分寺で。
    あ、私都立国分寺高校出身です。
     

    お店も「おはし」という、高校剣道部の後輩夫婦の店。
    めちゃくちゃえぇ店です。
     

    攻めるなら打突につながらなければいけない、
    剣先を敢えて正面から1センチくらい外して相手を動かして打突、
    小手で体(たい)が崩れないように、
    その他久々に聞く専門用語の嵐でめっちゃ楽しかった。
     

    やっぱり好きなんやなぁ、剣道。
     

    やめてずいぶん経ちますが、
    こうやってまた呼んでもらえて集まれることが
    ほんまにありがたいと思ったクリスマスイブの夜。笑
     

    お嬢さんが中2で東京都個人戦優勝してるらしく(今中3)、
    今や斎藤先生の娘、ではなくて、
    斎藤娘の父、と呼ばれるようになってきたと
    嬉しそうに言うてはりました。
     

    大学の先輩ご夫婦の長男(高3)が
    やっぱり剣道で大活躍してるのですが、
    よくご存知で、色々お話してくれはりました。
    さすが!

     

    帰ったら、部屋のピアノに真っ赤な毛布が
    かけてあったのですが、
    クリスマス?
    クリスマスなのか?
    相変わらずわかりにくい母です。

    | - | 05:21 | - | trackbacks(0) | pookmark |
    この記事のトラックバックURL
    http://monologue.maki.tv/trackback/160
    トラックバック